Main
リストランテ・パラディーゾ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.04.05 Thursday,
| スポンサードリンク | - | - | - |
初ニッキ
大奥 2 (2)
大奥 2 (2)
よしなが ふみ


初めて日記を書きます。
最初の日記でいきなりなんなんですが、よしながふみさんの最新刊、
大奥 2巻についての自分なりの感想を書いてみたいと思います!
以下、ネタバレにつき注意です。
前巻が出てから1年以上…。
「フラワーオブライフ」と平行して書かれているので、
待ちに待った第2巻でした(もちろんフラワー〜も大好きですよ!)

ふつうの漫画よりはやや高めで、分厚い重厚な作りで。
でも読み始めると止まらなくて、あっという間に読んでしまいました。
漫画自体読むの久々だったんですが、読んでいくうちにどんどんその世界に
引き込まれていって、お万や家光に感情移入してしまって、
読み終える頃には涙があふれて止まりませんでした。

家光がワガママな将軍になってしまったのにも、
春日の局が必死になって家光の血を残そうとするのにも、
実はそこまでにいたる、悲しい過去があって…。
本当に悪い人なんていないんじゃないのかなって思いました。

お万も言っていたけど、愛する者を失ったときの悲しみは
この世で最も深い悲しみのひとつで。
息子を失った春日の局、母も娘も失った家光…。
春日の局が家光を愛するのは、亡き息子の面影を見ているだけで
本当に家光は愛されているわけじゃなくて。

一人ぼっちで、でもここで生きるしかなくて、必死でもがいて、
そして同じ境遇に置かれたお万。
お互いが惹かれあうのも当然な気がしました。

2巻を読んだあとに1巻、そしてまた2巻と読むと、
また違った発見がありました。
1巻で、水野に作った着物は「お万好みの」物でした。
このお万は万里小路のことですよね。
伏線だ〜。

そして玉栄はなぜ生かされているか。
側室はお万がいるからそういう意味では必要ないし、
あえて殺されずに生かしておいた理由…。
私はその答えは1巻にあると思うんです。
御右筆頭の村瀬が玉栄なのではないでしょうか。
八代目吉宗の時代で御年97歳。
赤面疱瘡が広まってから80年余り。
玉栄の年は明かされていませんが、子どものときに
院主様に拾われたと言っているので、
年齢的にもちょうどいいと思うんです。
大奥に入った時点でもう外へ出ることは許されないし、
大奥日記を書く係として玉栄は生かされたのではないかと。

あぁ、深読みしだしたらキリがないですね!
早く続きが読みたい〜。
1巻を買った後も、この続きからメロディで読めると
書いていたため、しばらくメロディを買ってたんですが、
買っても大奥しか読まないし、買い忘れた号もあって
そのままになってるんですよね〜。
でもまとめて読んだ方が読んだ感があっていいしなぁ…。
2006.12.05 Tuesday,23:29
| べい | よしながふみ | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2007.04.05 Thursday,23:29
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
ミルラさん!
早速いらしてくださりありがとうございます〜♪
ミルラさんのコメントが、このブログ初コメントですよ★
いえいえ、滅相もございません!
今紹介してる作家さんたちは女性の方ばかりですけど、これから少年漫画の方もガッツリ紹介していこうと思っているので、また見に来てやってくださいね!

私も大奥は、ドラマで知りました。
大好きな俳優さん、ハラショ(谷原章介)が出ているクールのは毎回見てました♪
よしながさんの大奥は、言わば男女逆転大奥なのでドラマとはまた違って面白いですよ!
オススメであります。

わー、レポまで読んでくださったのですね。
ありがとうございます(;つД`)
そんなそんな、私のを参考にだなんて…。
私もミルラさんのどちらのブログにも行かせてもらいますね。
これからもよろしくお願いします♪
| べい | 2006/12/19 12:06 AM |
べいさん、こんばんは!!そしてお引越しおめでとうございます★お知らせのメールありがとうございました^^さっそく遊びにきちゃいました(笑)

べいさんは「マニアックすぎて・・・」とおっしゃってましたが、全然引かないのでご安心ください!
むしろお伺いして、べいさんは漫画の趣味もセンスがいいというか品がいいな〜と思ってしまいました(笑)

大奥は、私はドラマでたまに見てたんですが、奥深くて面白い世界ですよね。
一瞬、漫画の画像見て、「本なのかな?」と思ってしまいましたが、そういえばメロディで連載してるんですよね!

GLAYライブのレポの方も、先日ライブ参加後にようやく読ませていただきました♪自分の感想を書くときにも、べいさんのレポはすごく参考にさせていただきました。なかなかコメントができずに申し訳ありませんでした・・・。
それでは、新ブログの更新も楽しみにしてます♪長々失礼しました〜。
| ミルラ | 2006/12/18 6:09 PM |
コメントする









トラックバックURL
http://17ans-amnos.jugem.jp/trackback/2
トラックバック